メガネプラザ
メガネプラザトップ 採用情報 お問合わせ
ホーム

ホーム > 遠近両用メガネ

遠近両用メガネ

遠近両用メガネとは

老視に合わせたメガネ(老眼鏡)をしたまま遠くを見るとボヤけて見えませんね。
試しに右の写真をクリックしてみてください。
老眼鏡で遠くを見るとクリックした後のような見え方になります。
これは、もともと老眼鏡が近くのものにピントが合うよう作られているからであって、遠くのものを見るために作られているわけではないのです。
その不都合を解消するために設計されたメガネが遠近両用メガネなのです。
遠くを見たり近くを見たり、いちいちメガネを外したり掛けたりしていませんか?

遠近両用レンズ

遠近両用メガネは一枚のレンズの中に、左の図のように遠方を見るための度から下に向かって、中間距離、近方というように度が変化していきます。
この時、左右にどうしても歪みが発生する部分ができ、それは手元の視野ほど狭くなる性質があります。

遠近両用レンズ

そこで、手元の作業が多い方には中近両用メガネというものがあります。
これは室内程度の距離であればピントが合うようにできており、室内での掛け外しはほぼ不要という特徴があります。
ただし、車の運転等遠くを見るには適していません。

中近両用レンズ

遠近両用、中近両用のほかに、デスクワークが多い方向けに近近両用メガネというものがあります。
こちらは掛けたまま歩くことは不向きですが、パソコンや手芸など手元作業が多い方に作業用として人気があります。

近近両用レンズ

遠近両用メガネは実際に掛けてみるだけではなく、日常で想定される動きを実際に行っていただくことが望ましいですね。
通常のメガネとは異なる見え方を体験していただくことで、遠近両用メガネとの正しい付き合い方を理解していただけます。
メガネプラザでは様々な比較体験コーナーをご用意しています。

それぞれの見え方

それでは、上記で説明したメガネでの見え方をご紹介します。

遠近両用レンズ

遠近両用メガネは手前から遠くまで掛けたまま見られます。
日常生活にオールマイティーと言えますが、老視の度数が進むと視野が狭く歪みも大きくなりますので、度が進んできたら、レンズ性能を上げていく必要があります。

中近両用レンズ

中近両用メガネは室内を広く見渡せ、室内での掛け外しはほぼ不要です。
料理、洗濯、後片付け。主婦の仕事の多くは室内作業です。このため、遠くが見やすいように設計されている近視用メガネでは知らないうちに目が疲れることになり、老眼鏡では距離が違うものを見るとボヤケてしまいます。この不都合を解消するのが中近両用メガネで、室内用としてオススメです。

近近両用レンズ

近近両用メガネは長時間のデスクワーク、手元作業が長い方などにオススメなのがこのレンズ。
老眼鏡によく似た用途のようですが、その違いは一つの焦点にピントが合うように設計されている老眼鏡に比べ、パソコン画面、広げた新聞など、焦点を合わせる距離が刻々と変わるデスクワークなどに対応したレンズです。
とくに長時間作業される方は、その違いがよく分かると思います。

遠近両用メガネは疲れる?

遠近両用メガネを掛けていると疲れる、というお話を聞いたことがあります。
この原因は以下の3つの理由によるものが多いようです。

1.レンズが合っていない、両側の歪が大きい

今は遠近両用メガネのスタンダードとなった境目のない遠近両用レンズ。
一枚のレンズの中に度の異なる部分があり、そのためレンズの外側に収差といわれる歪みが発生する部分ができてしまいます。

この一枚のレンズ内の度のどれかが合っていない、または合わなくなったことによる不都合で疲れを感じる場合もあります。
また、左右の収差が大きいことで視界にストレスを感じる場合もあります。
ちなみに、1959年に開発されたこのレンズは今も日進月歩で進化しており、この収差の少ないレンズも数多く登場しております。

遠近両用レンズ

レンズ比較のディスプレイ

左の写真は手前の枠がボケてしまっていますが、同じ度数のレンズでも左の写真のように極力歪みを抑えたものの例です。
このディスプレイは店頭に置いてありますので、ぜひ体験してみてください。

2.フィッテングのミス

遠近両用メガネは、顔にきちんと掛かった状態でその効果が発揮します。
しかし、実際は右のイラストのようにちょっとずれてしまっている人も少なくありません。
これでは折角の遠近両用メガネも台無しですね。
このフィッティングは実はとても細かな調整が沢山あり、眼鏡店としての腕の見せ所でもあるのです。
購入時にお店できちんと合わせた状態でも、歩いたり、首を動かしたりするうちにすぐにズレてしまうのであれば、それはフィッティングのミスということになります。
念のため、購入後1週間ほど使用してみて、再度お店で調整されることをお勧めいたします。

フィッティングの例

3.目だけを動かしている

遠近両用メガネは通常のメガネとは違い、使い方のコツが若干異なります。
レンズの範囲内で目だけを動かすと、やはり像がゆがんだり、ふわふわと浮いた感じがしていまいます。そこで、遠近両用メガネでは、視線を動かす場合、視線の方向と顎(あご)を一緒に向けるイメージでお使い頂くことで、随分と違ってきます。

遠近両用メガネ
画像
得する!お買い得情報補聴器!聞こえをサポート
画像 日本眼鏡技術者協会