メガネプラザ
メガネプラザトップ 採用情報 お問合わせ
ホーム

ホーム > 前のページへ > 【ブルーライトカットって本当にいるの?】

プロが教える!メガネ・サングラスの豆知識

【ブルーライトカットって本当にいるの?】

2017-11-10

【ブルーライトカットって本当にいるの?】

結論から申し上げると

無いよりはあった方がいい。

 

 

というのも、ブルーライトカットの効果を感じるのは

じつは個人差があります。

 

当店でも、
「ブルーライトカットを付けてから目が楽になったよ!

次のメガネにも付けて欲しい!」
という声もあれば

 

「う~ん…楽になった気もするけど、

今までとそこまで大きく変わらないかな…」
とそれぞれの声があります。


 

そもそも、ブルーライトカットがここまで

叫ばれてきた背景には
スマートフォンやパソコン、LEDなどが

身近になってきた現代において
日常的に眼にブルーライトを浴びる事が

多くなっているからです。

 

このブルーライトとは
主にパソコンやスマートフォンなどのデバイスから
発せられる強力な青色光のことを指します。

そして、ブルーライト=悪ということではありません。
 

紫外線と波長が近く 非常にエネルギーが高いため
眼精疲労や視力低下だけでなく

安眠妨害、ドライアイ、加齢黄斑変性症など人体に
悪影響を及ぼすと懸念されているのです。

 


特に、
小さい頃からパソコンやスマートフォンなどに
触れる機会の多くなった子どもたちのことを考えると、
掛けさせた方が安心という声も多くあります。

 

 

また、ブルーライトも一般的に言われている

カット率(=平均カット率)ではなく、
ブルーライトが最も多い領域(420~440nm付近)を

カットしているかが重要となります。

 

 

さらに、ブルーライトカットのレンズにはそれぞれ
メリット、デメリットがあります。


●メリット
 その名の通り

 青色の光を防ぎ、目に対する刺激を軽減する

 

●デメリット
・先にも述べた通り、「個人差がある」ので

 人によっては効果を感じにくい
・多少でもレンズに色が着くので

 カラー関係のお仕事をする方には向かない

 

もちろん、ブルーライトだけをカットすれば

目にいいと言うわけではありません。

 

一番目に悪いのは紫外線(=太陽光)ですので、

ブルーライトカットだけにとらわれず
紫外線カットの付いたメガネやサングラスを

普段から掛けていただくのがオススメです。

 


「実際にどういったものが効果的なの?」
と思われる方はぜひ、店頭にておたずね下さい。

 

一般的に販売されているブルーライトカットメガネと
効果的なブルーライトカットレンズの
比較サンプルをご用意しております。

 

当社で現在オススメしているブルーライトカットについては

コチラのページもご覧くださいませ。

↓↓↓

http://www.meganeplaza.co.jp/cgi/blog/page.cgi id=116